ステンレスのプレート

アイコールプレーティング

AICOHOL PLATING

高速部分めっき法

出張めっき施工いたします。

AICOHOL PLATING

高速部分めっき法

アイコールプレーティングは、電解槽不要な電気めっきです。めっきする金属は、電極に取り付けた専用ガーゼに含ませた高濃度めっき液から析出されます。

アイコールプレーティングは、ピーパック(専用整流器)、工具、めっき液の構成です。

ピーパックは極めて高い電流密度が適用されるため、安全性を考慮した特別設計を施しています。従って、どこでも必要な場所へ持ち込んで施工することができます。

高い密着性

  • 析出金属は微細な結晶構造

  • 密着力が高く内部応力が低い

  • 曲げ、加熱、急冷にも強く剥離しない

高速度なめっき

  • 通常の電解槽めっきに比較し、めっき速度が30~60倍

ポータブルな装置

  • 通常の交流電源のある場所なら現場施工が可能

  • めっき槽は不要

簡単な操作(下図参照)

  • 操作技術は簡単に習得できる

  • 電解脱脂⇒エッチング⇒めっき

めっきが困難な金属にもめっき可能

  • 酸化被膜を形成する金属にもめっき可能(アルミ ステンレス 等)

  • モリブデンにも前処理により可能

20種類以上の金属のめっきが可能

  • 普通金属-銅、ニッケル、亜鉛 等

  • 貴 金 属-金、白金、ロジウム 等

  • 合  金-ニッケルタングステン 等

簡単な膜厚管理

  • ピーパックに表示される積算電流計(AHメーター)で正確なめっきの膜厚管理が可能

熱歪が起きない

  • 溶接に比較して加工中の熱発生が少ない

 
アイコールプレーティングの操作方法と修復例

アイコールプレーティングの用途

アイコールプレーティングは多様な用途をもっています。

 

摩耗した部分の再生使用

  • 使用中に摩耗した部分を復元

  • 樹脂型、ガラス整形金型の調整

軸受け部分と軸の寸法調整

  • 摩耗した軸や軸受けの寸法復元

  • 軸受け部への錫、合金めっきにより摩耗傷や浸食錆の防止が可能

切削ミスの再生修理

  • 切削ミスによる寸法不足を復元

  • キー溝、オイル溝の切削ミスも復元

  • 平面部、曲面部、外形、内径も各種の工具、電極により対応可能

工芸品、装飾品へのめっき

  • 貴金属による繊細な装飾部分めっきで高級感を表現

プラント配線板へのめっき

  • 配線をそのままでブリント基盤を傷めることなく必要箇所にめっき

  • 断線部、スクラッチ部へのめっき

  • 槽めっきでの欠損部の補修

  • 回路と同一平面にするための肉盛

  • はんだ付け部の補強

  • 接点タブへのロジウムめっき

クロムめっきロールの補修

  • 各種の大型ロールの損傷の補修が可能

機械の分解、組立が不要

低コスト、短納期で修復

アイコールプレーティングでは、機械に部品を組み付けたまま現場施工ができます。分解が困難な大型機械の部品や移送、槽に入れるのが困難な大型部品に有効です。

●クロムめっきロールのピンホール補修などはお問い合わせください。

●クロム粉末溶接機もそろえています。キャスティングロール、エンボスロールにも施工可能です。

●ロールにダメージがなく熱影響による引け(クラック)を抑える補修ができます。

●研磨により0.5Sまでの補修が可能です。部分めっきと併用で研磨後0.2Sの鏡面が可能です。